悪い条件のドッグフードは毛並みに影響する?

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

ドッグフードには様々な原材料が使用されており、それぞれ作っているメーカーによって異なります。ドッグフードは犬の健康状態にもつながる大切な食べ物です。しかし、実際に条件がいいドッグフードなのか判断が難しい飼い主もいるのではないでしょうか。こういった場合にはいくつか判断する方法がありますが、その中でも毛並みに関しては食べ物と関係すると言われているので、ここでは毛並みが悪い原因とドッグフードについて説明します。

まず毛並みが悪い原因ですが、いくつか上げられます。よくある原因としてはたんぱく質が不足していることです。たんぱく質は体内が健康でいられるようにするために様々な働きをし、皮膚や体毛にも供給されると言われています。たんぱく質が少ないと体毛や皮膚に供給されるたんぱく質が足りないために毛並みが悪くなります。良質なたんぱく質を使用したドッグフードが与えられているかどうかは毛並みなどを見て判断してもいいでしょう。ドッグフードで改善しない場合は病院での受診も検討しましょう。

このように、原因について説明しましたが、毛並みと犬の健康状態は関係しているので、ドッグフードについて分からない方は犬の健康状態なども見ながら合うドッグフードを見つけるといいでしょう。